/

この記事は会員限定です

行動・実験経済学からわかる、望ましい環境政策

Global Economics Trends 小西祥文・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]

効果的な温暖化ガス抑制の鍵を握るのは、電力部門と交通・運輸部門と言っても過言ではない。この2つの部門は、世界全体の温暖化ガス排出量に占める割合が最大であるだけでなく、2007~16年の10年間で排出量が大幅に伸びた部門でもある。2つの部門に共通しているのが、耐久消費財の利用から生じるエネルギー需要をいかに抑制するかという問題である。

日本を含む多くの国々は、エネルギー需要の抑制を目的とした様々な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り11488文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン