愛知、19年度の県税収入2%減 1兆2005億円

2020/7/3 18:30
保存
共有
印刷
その他

愛知県は3日、2019年度の県税の決算見込みを発表した。製造業の企業業績が悪化し、税収の柱となる法人2税(法人県民税と法人事業税)が減り、県税収入は18年度比2.2%減の1兆2005億円となった。

法人2税は4%減の3864億円。米中貿易摩擦などの影響で自動車などの税収が減った。

個人県民税は株式等譲渡所得の金額が減り、0.8%減の3116億円。地方消費税は税率の引き上げで0.7%増え、2583億円だった。

19年度一般会計の決算見込み額は歳入が2兆5047億円で297億の黒字となった。黒字分は20年度への繰越金となる。県は新型コロナウイルス対応で基金を取り崩しており、基金残高にあてることも検討する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]