/

東大・阪大・筑駒・高志、成長銘柄は発想力で探せ

株式投資の銘柄選びを通し、その着眼点や緻密さを競う「日経STOCKリーグ」。ユニークさあふれる論文の中から、優秀作4つに絞って学生の奮闘ぶりを紹介する。

日経STOCKリーグ 中高生・大学生の株式学習コンテスト。チームで投資テーマを決めて仮想資金500万円のポートフォリオを組みリポートにまとめる。日本経済新聞社が主催し、野村ホールディングスが特別協力する。19年度の第20回には1726チーム、6892人が参加した。

ものさしは企業の「自信」  最優秀賞 東京大学

(左から)太田真輝さん、大箸祐太さん、伊藤秀太さん、松田和泉さん、首藤昭信准教授

新型コロナウイルスの感染拡大は人々の生活を変え、企業のビジネスや資本政策にもいや応なく変革を迫る。誰もが経済の海図をもたないなか、企業に必要とされるのは強力なリーダーシップと「自信」だ。コロナの拡大前に東京大学の4人が作り上げたポートフォリオは、危機を生き抜く力を秘めた企業群を見事に選び出している。

春に準備を始めてから毎週のようにテーマ案を練ってはゼミで発表し、4年生や院生の先輩から厳しいフィードバックを受けた。ボツになった案は20を超える。指導教官の首藤昭信准教授は「先輩からのダメ出しでへこんでいる4人をフォローするのが自分の仕事だった」と振り返る。最終的に「自信」をテーマに据えようと決まったのが10月、すっかり秋になっていた。

首藤ゼミはこれまで大学部門賞と敢闘賞をそれぞれ3回、入選は18回輩出している「名門」だ。「やるからには最優秀賞しか目指していなかった」(松田さん)。STOCKリーグでは今回から日経アジア300の採用企業も組み入れ対象になった。組み入れは必須ではないが「最優秀を狙うならアジア企業も入れなければ」と決めていた。

自信という曖昧な概念を株式の選別に落とし込むのは難しい。それでも、自信は企業行動に表れると考えた。例えば自信のある会社は相対的に投資が多く、かつ配当を減らす傾向があることが研究で示されている。

一方で自信が強いだけでは過剰投資や事業撤退の遅れなどの弊害もある。根拠のない自信は企業にとって障害だ。そこでリスク管理の度合いや機関投資家の保有比率などを用い、過度な自信を抑制できる企業を絞り込んだ。

最後の仕上げとして、経営者のリーダーシップの要素も加えた。ユニークなのが経営者の「顔」。企業ホームページで、ページ全体に対する経営者の顔写真の大きさの割合を点数化するなど、文字通り経営者が会社の「顔」になっている企業を評価した。

最終的に20銘柄を選び、対象企業を訪れてIR担当者と面会した。積水化学工業では経営や財務の各部門がどう連携しているか詳しく教えてもらった。「会社の意思決定のプロセスがよく分かった」(伊藤さん)、「訪問してかなり印象が良くなった」(太田さん)と手応えを感じた。

時代とともに、もてはやされる経営理論や哲学は変わっていく。それでも「リーダーが先見性をもって引っ張れる企業は強い」(大箸さん)。「東大の経済学部に一番長くこもったのは自分たち」(松田さん)と胸を張る半年間で、理想の企業像を示してくれた。

農業をスマートに  中学部門賞 筑波大学付属駒場中学校

大山弘翔さん、池田淳一郎さん、大藤暖之さん、高橋聖さん、広瀬貞雄さん(順不同)

僕たちの中学校には、23区内の学校にしては珍しく水田がある。1年生のときには稲作をし、3年生になってからはサツマイモも育てた。非日常の楽しさはあるが、炎天下で何時間も作業したり、田植えや収穫で中腰になったりするのは骨が折れる。先生は毎年農作業をしているのに「今年は○○だから収穫量が減るかもしれない」といつも自信なさげだ。なんだか農業って「非効率」じゃないか。最先端で効率のいい「スマート農業」に変えてやろう。そんな思いのもと、クラスや部活つながりの5人が集まった。

自分たちの農業体験や学習内容を振り返ると、農業には大きく3つの問題があることが見えてきた。まずは収益性。人手不足でコストが上がっても、作物の単価は上がらないため利益を圧迫している。2つ目がノウハウの伝達の難しさだ。種をまく時期や量など、農業はそのほとんどを長年の勘と経験に依存する。これでは初心者は失敗しやすく、参入障壁の高さはまた人手不足につながる。

台風や地震など多くの災害に見舞われる日本において、自然環境に収穫量が左右される点も見逃せない。これら3つの課題を解決すれば、収益が改善し、農業従事者も増えると考えた。

選考対象にした企業には、農業に直接は関係がないものも多い。たとえば富士通キヤノンMJのもつデータ分析の技術は、作物の生育管理を通して生産性を改善するのに役立つ。そのほか農薬の散布や畑の状況把握に使えるドローンを開発する会社や、自動運転トラクター、植物工場などの技術を持つ企業も含め71社をピックアップした。

スクリーニングに移る前に、スマート農業への理解を含めるために関連する4社を訪れた。ナイルワークス(東京・渋谷)では農薬散布用のドローンを見せてもらった。「想像よりもドローンが大きく、研究開発のエネルギーを感じた」(池田君)。その経験から研究力が最も大事だと実感し、配点を重くした。「技術の成長が農業にとって不可欠」(大山君)との思いを込めた。環境や社会への貢献度などの指標のほか、収益性などの財務面の安定も備えた19社を選び出した。

企業訪問のアポイントも全て自分たちで取った。フィールドワークの授業で企業訪問をした経験があり、アンケートの送付からアポ取り、お礼状の作成まで先生の手を借りずにこなした。それでも「電話口での敬語はまだ難しい」(広瀬君)とはにかむ。

リポート作成が佳境を迎える11月には、毎年恒例の文化祭がある。6月には準備が始まり、「2学期は頭がほぼ文化祭で埋まる」(大藤君)という一大イベントだ。昼休みなどの隙間時間やチャットでの連絡を使い、なんとか論文と文化祭を両立させた。「株は損をする可能性は怖いけど、銘柄をちゃんと調べれば投資も悪くない」(高橋君)との自信につながったようだ。

バリュー株からシンデレラ探し  大学部門賞 大阪大学

(左から)則本真璃さん、山下颯平さん、山口彩香さん、芝田大輝さん

英国の経済学者ケインズは、株式投資を「美人投票」に例えた。投票では自分が実際に美しいと思う人ではなく、他の参加者が美人と考えるであろう人を選ばなければならない。投資でも、自分の好きな銘柄がどれだけいい企業でも、他の投資家が見向きもしなければ株価は不遇のままだ。それなら、埋もれている「美人」もいるのではないか――?。大阪大学チームの論文はそんな疑問に端を発している。

実力を秘めた企業でも、市場参加者が興味を持って投資しなければ株価が低迷し、商いは薄くなる。株式の流動性が低ければ価格変動リスクが高まり、投資家からさらに敬遠される。そんな負の連鎖を断ち切るべく、「脚光を当てたい」(芝田さん)というのがリポートの趣旨だ。対象とした国内上場企業約3600社を「不遇さ」と「秘めた実力」の観点から選別した。

各銘柄の不遇さは、(1)株式パフォーマンス(2)流動性や認知度を基準に測った。まず(1)では2016年からの3年間の株価上昇率が日経平均株価を下回る1852銘柄を選別。そして(2)で売り注文と買い注文の価格差の大きさや、機関投資家の保有比率の小ささなどをもとに相対的に人気がないといえる163社を絞り込んだ。

各銘柄の実力を測る最終段階では、自己資本利益率(ROE)や事業構成、株主構成などの7項目について、直近1年間での変化が大きいものをピックアップ。劇的な変化を遂げ株価上昇のポテンシャルをもつ14社を選んだ。

論文では内容もさることながら、その「見せ方」にもとことんこだわった。実力があっても割安なまま放置されている株を見つけ出す。そんなバリュー株投資の神髄を「シンデレラ」の物語になぞらえタイトルを決めた。「真面目でありつつ、ストーリー性を大事にしたかった」(山下さん)。物語にあわせ、不遇の(1)段階を「灰まみれ」(2)を「継母」、そして最後の変化の段階を「ガラスの靴」と名付けた。

「変化をまとい、いざ舞踏会へ」というサブタイトルはリポート提出ギリギリまで話し合って決めた自信作だ。アイデアマンだという山下さんのメモ帳には、20を超えるタイトルのボツ案がびっしりと書き込まれた。

村宮克彦准教授のゼミに所属する4人は、普段から互いを下の名前で呼び合う仲の良さも自慢だ。「リーダーシップがある」「調査能力が高い」と褒め合う一方で「芝田さんはサボり癖があってすぐ飲みに行きたがる」(山口さん)「則本さんは飲み会に来てくれない」(芝田さん)と互いをからかうことも忘れない。

以前からバイト代で株を買っていた芝田さん以外、投資の経験はない。それでも「就職後も今回の論文作成の経験を生かして、成長性のある株を見付けて投資したい」(則本さん)と話す。若きバリュー投資家たちにとって、華々しいデビューとなった。

正面から廃炉を見据える  高校部門賞 福井県立高志高校

(左から)山本格由さん、長谷川亮太さん、戸川賢太郎さん、橋本研人さん

「#速い!#安い!!#廃炉!!!」──。優秀論文のなかで、ひときわ目を引くタイトルをつけたのは福井県の男子高校生4人。キャッチーなタイトルだが、込めた思いは真剣そのものだ。日本で最も多くの原子力発電所を抱える福井県に住む身として、身近で遠い原発問題に改めて向き合った。

原発を取り上げるのはいいとして、賛成・反対どちらの立場を取るべきか。多数決をしたところ、賛成・反対派で2人ずつに分かれてしまった。そこでとった手段が、2つの立場に分かれて互いを説得し合う「ディベート」だった。全員が中学時代に経験しており、「自分たちならでは」の方法だ。延々と議論するより話が早い。それぞれ原発の利点や欠点を調べ上げ、意見を戦わせた。その結果「賛成か反対か、結論が出なかった」(橋本さん)。

それでもディベートを通して全員が実感したのが「原発を続けるにしてもやめるにしても、いずれ訪れる『廃炉』というプロセスが確立されていない」ということだった。そこから、原発賛成でも反対でもない「廃炉」という第3のゴールに向かって走り出した。

夏休みに訪れた福井県庁では「必要な時間や労力が膨大で、廃炉が現実的な選択肢になっていない」という現状に直面。廃炉の時間やコストを減らす技術開発ができる企業を選ぼうと決めた。「速い、安い」のゆえんだ。

選定の対象は、原発をもつ電力会社や原発作業員の補助機械を作る企業など国内外61社。低コストで廃炉技術を確立するには、高い競争力や安定した財務基盤が不可欠だ。過去の優秀論文などを参考に自己資本比率やキャッシュフローなどを点数化し、最終的に20銘柄のポートフォリオが完成した。

銘柄を選んで終わりではないのも彼らのこだわり。投資先に選んだ旨や、廃炉に向け尽力してほしいとの思いを企業にメールで伝えた。機関投資家顔負けの「エンゲージメント」だ。日立製作所など多くの企業から返信があり、投資の意義を実感した。

ストックリーグには中学3年生の時以来毎年参加してきた。高校3年になれば受験で忙しくなる。「みんなでの最後のストックリーグだから気合が入った」(長谷川さん)。意見もよく対立するし、文系・理系の専攻も、応援する野球チームも違う。それでも来年の受験ではみんな同じ大学を目指している。「卒業後また4人でストックリーグに出られたら」(戸川さん)。

部門賞はうれしかったが、気にしていることがひとつある。「論文のタイトル、軽すぎましたか……?」。

(井口耕佑)

[日経ヴェリタス2020年7月5日号に掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン