/

この記事は会員限定です

裁判ウェブ会議、緊急宣言下でも実施 ITの利点示す

[有料会員限定]

民事訴訟の手続きをオンラインで進める「ウェブ会議」を導入している14裁判所が、4~5月に計167件のウェブ会議を実施したことが、各裁判所への取材で分かった。新型コロナウイルスの影響で裁判所の対面業務はほぼ停止していたが、ネット経由では一定程度手続きが進んだ。裁判のIT化の利点と必要性が改めて示された形だ。

ウェブ会議は非公開の争点整理が対象で、2月に東京など8地裁と知財高裁の計9裁判所で始まり、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません