新市場を創る企業行動(8) コントロール可能範囲を拡大
立命館大学准教授 吉田満梨

やさしい経済学
2020/7/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飛行機は高度な自動操縦機能を持ちます。それでもパイロットがいるのは、予測不能な状況が発生しても、パイロットが対応できるためだといいます。

「飛行機のパイロット」の原則は、これまで確認してきたエフェクチュエーションの4つの思考様式に通底する世界観です。予測ではなくコントロールによって不確実性に対応しようとする考え方です。

コーゼーションとエフェクチュエーションはともに、未来の不確実性のコントロール…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]