歯ブラシ、AIを込めて ライオンが設計時間短縮

2020/7/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ライオンは人工知能(AI)を用いた歯ブラシの開発を始めた。誰しもが日々使う歯ブラシは一見すると単純な構造にも見えるが、実は商品ごとに細かな特徴があり、これまで研究開発に多くの時間がかかっていた。過去のデータをもとに仕様の設計にかかる時間を大幅に短縮し、素早く商品化できる体制を整える。

歯ブラシの開発は商品のコンセプトに合致する組成候補を研究者が考え、実際に手を動かして複数のサンプルを作成する。品…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]