自衛隊装備品、初のオークション 防衛省、26日開催

2020/7/3 17:00
保存
共有
印刷
その他

河野太郎防衛相は3日の閣議後記者会見で、不用となった自衛隊装備品のオークションを初めて開催すると発表した。パイロットのヘルメットや輸送機の操縦かんなど約30品を競売にかける。

自衛隊装備品のオークション開催を発表する河野防衛相(3日、防衛省)

26日に防衛省で開き、450人の参加を募る。河野氏は「将来的に(100億円超の最新鋭ステルス戦闘機)F35の1機分くらいの収入を上げたい」と語った。インターネット上の競売も今後検討する。

河野氏は「売り上げは国庫に入る。財務省に収入を上げているとの姿勢を見せて概算要求に臨みたい」と説明した。装備品のオークションは麻生太郎財務相が収入増の取り組みを河野氏に促したのがきっかけで考案したという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]