/

入店の順番スマホで通知 東京駅「グランルーフ」

混雑情報配信サービスのバカン(東京・千代田)とJR東日本子会社の鉄道会館(同)はJR東京駅八重洲口の商業施設「グランルーフ」で、飲食店などの入店整理券をウェブで取得できるサービスを始めた。ウェブ上で発行された整理券を受け取ると入店の順番が来た際、スマートフォンに通知が来る。順番待ちの間も買い物などを楽しめるようにする。

サービス名は「バカンノーライン」。まずは実証実験として7月末まで実施する予定。施設内の飲食店など16店に対応しており、スマホのほか店頭でも整理券を受け取れる。順番待ちの状況は施設内のデジタルサイネージ(電子看板)にも表示する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン