「どの肌の色も美しい」 美白志向からの転換
詩人・社会学者 水無田気流

2020/7/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

黒人差別撤廃への運動が広がる中、化粧品会社は「美白」をうたうことを撤回し始めている。英蘭ユニリーバは「ホワイト」「ホワイトニング」といった名称を廃止し、インドをはじめアジアで展開している「フェア(色白)&ラブリー」のブランド名も今後刷新するという。

仏ロレアルもスキンケア製品から「白」「色白」「明るい」といった文言を外すと発表。米ジョンソン・エンド・ジョンソンもアジアと中東で展開してきたホワイト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]