「夢は捨てたと言わないで」安藤祐介さん 2つの世界描くお仕事小説
あとがきのあと

読書
2020/7/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

本作りの裏方を紹介した『本のエンドロール』など「お仕事小説」を中心に書いてきた。この長編はスーパーマーケットがお笑い芸人を準社員として雇う「お笑い実業団」の物語。スーパーとお笑いという2つの世界が味わえる、一粒で二度おいしい作品をもくろんだ。

「打ち合わせのとき、担当編集者が大学時代にお笑いサークルに入っていたことを知った。私も子供のころドリフ(ザ・ドリフターズ)のテレビ番組を熱心に見ていた方な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]