M&A直後の倒産、コロナ禍で企業価値目減り
企業信用調査マンの目

2020/7/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染症の流行が企業再編にも影を落としている、と実感する事例が起きた。女性用フォーマルウエアで知名度のあるラブリークィーン(岐阜市)は6月16日、東京地裁へ自己破産を申請し、同日に破産手続き開始決定を受けた。

前身会社の経営不振により、美容事業などを手掛けるRVHがスポンサーとなって2018年1月から再建に向かっていたが、アパレル業界の環境が厳しくなるなかでコロナ禍の営業自粛が直…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]