/

石破氏「物事の考え方違う」 香港情勢で中国批判

日経バーチャル・グローバルフォーラム

講演する自民党の石破茂元幹事長(3日、東京都千代田区)

自民党の石破茂元幹事長は3日、日本経済新聞社主催の「日経バーチャル・グローバルフォーラム」でオンラインで講演した。中国が「香港国家安全維持法」を施行したのを念頭に「中国は物事の考え方の基本が大きく違っている」と批判した。

石破氏は「中国も豊かになれば民主的な国になるのではないかといわれていたが全然そうではなかった。香港への対応をみてもそうだ」と語った。1989年の天安門事件後、日本が早い段階で経済制裁を解除したのが「今日の状況を招いた」と指摘した。

南シナ海などでの中国の動きについて「きちんと認めないと言う力を持たねばならない」と述べ、日米で連携して対応する必要性を強調した。「領土や人権を守る覚悟と矜持(きょうじ)が必要だ」とも主張した。

「日本は日米同盟をとるか中国をとるか二者択一の立場ではない」と述べたうえで、日米同盟に関し「ディール(取引)の関係でなく、米国との関係をより対等なものにすべきだ」と唱えた。

石破氏は「ポスト安倍」候補に名前が挙がる。安倍晋三首相との違いを問われ「全ての人の融和を図り、共感を得るようやっていきたい」と語った。「反対党の人にも納得はしてもらえと教わった。勇気と真心を持って誠心誠意お願いし、理解を求めることは政治のスタイルとしてあるべきだ」と訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン