/

習氏の国賓来日「中止を」 自民、政府に決議伝達へ

(更新)

自民党の外交部会などは3日の役員会で、延期している中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の国賓来日を中止するよう日本政府に求める決議案をまとめた。中国による「香港国家安全維持法」施行に対抗する。来週にも首相官邸へ申し入れる方針だ。

決議案は「法施行と同時に大量の逮捕者が出るなど、懸念していた事態が現実のものになった」と指摘した。「この状況を傍観できず、強く非難する。中国には大国としての責任を自覚するよう強く求める」と記した。

香港人の自由を守るため「就労ビザの発給など脱出する人々の支援も検討するよう求める」と盛り込んだ。

中山泰秀外交部会長は党本部で記者団に「中国国家によるドメスティックバイオレンスだ。前回の決議からもう一段、厳しく対応しなければならない段階に至った」と述べた。

中国外務省の趙立堅副報道局長は3日、自民党外交部会などがまとめた決議案について「彼らの反中ショーにはいかなる意味もない」と述べた。「あるとき以来、日本政府とは重大な(習氏訪日の)議題を検討していない」とも語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン