香港、貿易・司法ハブの地位低下も 国家安全法で

瀬川 奈都子
編集委員
2020/7/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国政府が1日(日本時間)に施行した「香港国家安全維持法」は、人権の抑圧が批判されているが、ビジネスハブとしての香港の地位も危うくしている。中国政府が主張する香港の「一国二制度」がいよいよ怪しくなってきたとの懸念が、国際社会に強まっているためだ。

まず脅かされているのが、貿易ハブとしての優位性だ。米政府は香港国家安全法施行を機に、香港に対する優遇措置を一部停止すると発表した。

米国は、香港返還を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]