火球、直径数十センチの隕石か 燃え残り地表に落下も

2020/7/3 11:56
保存
共有
印刷
その他

2日未明、関東上空に現れた「火球」の正体は、直径数十センチの隕石(いんせき)である可能性が高いことが阿部新助日本大准教授(宇宙科学)の分析で分かった。南西から北東へ進んだ火球は発光した後、ばらばらに砕け、燃え尽きなかった小石が地表に落ちた可能性がある。

山梨県北杜市に設置された全天監視カメラが捉えた「火球」の軌跡(左下、2日未明)=河合誠之東京工業大教授提供・共同

山梨県北杜市に設置された全天監視カメラが捉えた「火球」の軌跡(左下、2日未明)=河合誠之東京工業大教授提供・共同

ツイッター上には画像や動画の投稿が相次ぎ、「大きな音がした」などのコメントもあった。阿部准教授によると、火球は満月くらいの明るさで、隕石が超音速で進んだときに起こる「衝撃波」が発生したとみられる。

地球上空では直径1メートル級の隕石が年間100個程度、数十センチ級ならもっと多い数が大気に突入しているという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]