/

香港金融人材受け入れ「分析して対応」 茂木外相

茂木敏充外相は3日の閣議後の記者会見で、香港からの金融分野の人材受け入れについて「国際金融センターとしての地位がどうなるか、優秀な人材がどう考えているかをよく分析して適切に対応したい」と述べた。

中国政府が香港の統制を強める国家安全維持法施行で中長期的に香港の国際金融センターの地位が揺らぎかねないとの見方がある。

茂木氏は法施行後に日本企業や在留邦人への被害は発生していないとも説明した。「法律を巡る影響をしっかり注視していく」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン