ルネサス、センサー制御の半導体 待機時も省エネ

2020/7/3 9:45
保存
共有
印刷
その他

ルネサスエレクトロニクスはセンサーから得られるデータを省電力で処理できる半導体製品を開発した。動作時だけでなく、待機時の消費電力量も抑制できるのが特徴で、センサーの小型化やバッテリーの長寿命化につなげられる。あらゆるモノがネットにつながるIoT機器向けの用途を開拓する。

同社の製品群「RE01」の新製品は約3ミリメートル四方と小型で、消費電流は動作時だと25マイクロ(マイクロは100万分の1)ア…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]