/

金正恩氏、防疫強化の継続指示 新型コロナ巡り

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が2日の朝鮮労働党政治局拡大会議で、新型コロナウイルスの防疫強化策を継続するよう指示したと伝えた。金正恩氏の動静が報じられるのは、韓国に対する軍事行動計画の「保留」を決めた党中央軍事委員会の予備会議が6月24日に報じられて以来。

報道によると、金正恩氏は2日の会議で、周辺国で新型コロナの感染者が再び増えていると指摘。「早まった防疫措置の緩和は致命的な危機を招く。感染症流入の危険性が完全に無くなるまで非常防疫活動を強化しなければならない」と述べた。

北朝鮮は1月下旬以降、中国との境界を完全封鎖するなど新型コロナの流入阻止へ厳戒態勢を敷いた。金正恩氏は会議で、党の創建記念日である10月10日までの完成を指示している平壌総合病院についても「最上級の医療活動」が可能になるよう具体策を指示した。

北朝鮮の医療体制は脆弱で、指導部は定期的に対策強化を打ち出し、メディアを通じて市民に予防を呼びかけている。北朝鮮はなお国内に感染者はいないと主張している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン