/

この記事は会員限定です

コロナ禍の影を引きずるシニア住宅

米州総局 伴百江

[有料会員限定]

2日の米株式相場は反発し、ダウ工業株30種平均は前日比92ドル高で終えた。6月の米雇用統計が市場の予想以上に改善し、景気回復への期待から投資家のリスク選好が強まった。新型コロナウイルスの流行で停滞していた経済活動が徐々に再開し、娯楽関連や小売業を中心に就業者の復職が目立った。一方、経済再開に伴い感染が再び拡大。1日の新規感染者数は5万人超と過去最多になった。

ヘッジファンドが大量に売っている――。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン