メキシコ6月の新車販売、41%減 減少幅は縮小

2020/7/3 3:04
保存
共有
印刷
その他

【メキシコシティ=宮本英威】メキシコの国立統計地理情報院(INEGI)は2日、6月の国内新車販売台数が前年同月比41%減の6万2837台だったと発表した。6月としては2010年(5万9910台)以来の低い水準に落ち込んだものの、今年5月の実績は50%上回った。

トヨタの車を運ぶトレーラー(6月30日、メキシコ北西部ティファナ)=ロイター

前年同月に比べた減少幅では、4月(65%減)と5月(59%減)よりも緩和された。新型コロナウイルスの感染拡大で自動車販売店は3月末以降の店舗営業を停止していたが、6月からは営業再開が増えてきた。中部ハリスコ州では6月1日、北部ヌエボレオン州は同11日から営業が始まった。電話やネットを通じた販売も徐々に浸透している。

メーカー別では日産自動車が最も多い1万1640台で、米ゼネラル・モーターズ(GM)の1万99台、独フォルクスワーゲン(VW)の5454台が続いた。2020年1~6月累計の販売台数は43万6445台で、前年同期比32%減となった。

メキシコ自動車販売協会(AMDA)は声明で「自動車販売市場の不安定は続く」と指摘した。メキシコでは新型コロナの新規感染者数は1日で5千人規模で増えているが、6月下旬からは経済を再開する地域が増えている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]