/

この記事は会員限定です

テスラ EV収益モデル確立へ 内製化・高級車に特化

[有料会員限定]

米電気自動車(EV)メーカー、テスラの時価総額がトヨタ自動車を上回り、自動車メーカーとして世界首位になった。自動車業界は電動化や自動運転など「CASE」がもたらす100年に1度の大変革のさなかにある。現在のテスラはこの大変革のけん引役だ。

テスラの経営は改善している。数年前まで最終赤字が続いたが、主力の小型セダン「モデル3」の量産が軌道に乗ったことから業績が安定し始めた。2019年7~9月期以降...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン