豚熱感染、東京で初確認 青梅で捕獲の野生イノシシ

2020/7/2 22:04
保存
共有
印刷
その他

東京都は2日、青梅市内で捕獲した野生イノシシ1頭が豚熱(CSF)に感染していたと発表した。都内での感染確認は初めて。

都によると、イノシシは6月27日に青梅市内で見つかった雄の成獣。今月2日の検査で感染が確定した。

都は都内全ての養豚場に情報提供して異常の有無を確認し、衛生管理基準の徹底を指導。昨年12月以降、養豚場の豚にはワクチン接種を済ませており、影響はないとしている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]