/

この記事は会員限定です

コロナ時代の野球は「異端力」 二刀流・大谷翔平の挑戦

大リーグで生きる(1)

(更新) [有料会員限定]

異端であれ――。大谷翔平(日本ハム―エンゼルス)の投打二刀流にはイチロー選手(オリックス―マリナーズなど)の振り子打法同様、最初は懐疑の目が向けられていた。常識の壁を破る莫大なエネルギーが、世界にはばたく力となり、世界を変えていく。「異端力」こそ、新型コロナウイルスによって、変革を迫られる時代を生き抜くためのキーワードかもしれない。

「翔平、ちゃんと打て。これじゃ二刀流なんてできないぞ」

大谷に厳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2535文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

大リーグで生きる

新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が遅れていた大リーグが、7月23日、いよいよ開幕する。レギュラーシーズン60試合は1870年代以来の短いシーズンとなる一方、7月まで4カ月弱開幕がずれ込んだおかげで、大谷翔平が2年ぶりに開幕から二刀流に復帰する。今季大リーグでプレーする日本選手は9人、いよいよ熱い夏が始まる。(この連載は本編5回、ビジュアルデータ1回、番外編3回で構成します)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン