/

この記事は会員限定です

EV専業、身軽さ評価 テスラの時価総額、トヨタを逆転

[有料会員限定]

電気自動車(EV)メーカー、テスラの時価総額が1日、トヨタ自動車を上回り、自動車メーカーで首位になった。業界全体が電動化など「CASE」に取り組む中で、株式市場は身軽な専業メーカーの成長力を高く評価している。

テスラ株は新型コロナウイルスの感染拡大で3月には一度大きく下落した。4月以降再び上昇基調に入り、株価は2019年末に比べて2.7倍になった。1日終値ベースの時価総額は2076億ドル(約22兆...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン