電子マネー普及途上のフィリピン、コロナで変化

2020/7/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスをきっかけにフィリピンで電子マネー市場が立ち上がり始めた。通信大手グローブ・テレコム系「Gキャッシュ」の3月中旬から1カ月間の登録数は前年同期の2.5倍に急増。通信大手PLDT系「ペイマヤ」とともにコロナ収束後の"新常態"で需要が伸びる分野の開拓に乗り出した。東南アジアで出遅れていた同国の状況がようやく変わりそうだ。

「便利になるだけでなく、現金を物理的にやりとりしない電子マネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]