鯖江初のシェアオフィス、機能分散追い風に企業誘致

2020/7/3 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

福井県鯖江市で初めてのシェアオフィスがオープンした。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、見学や入居のキャンセルが相次ぐ不運に見舞われた。一方、新型コロナは東京一極集中のリスクも浮き彫りにした。運営するNPO法人は地方に拠点を置く利点をアピールして利用を促す。

JR鯖江駅から徒歩5分、商店や居酒屋、神社などが立ち並ぶ一角にシェアオフィス「Hana工房」はある。いつ建てられたか鯖江市にも記録が残っ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]