/

この記事は会員限定です

航空機減産、部品に逆風 人員配置見直しも

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのまん延で米ボーイングなどが航空機の減産を打ち出し、関西の部品メーカーが対応を迫られている。住友精密工業は航空機関連の生産ラインから他部門への人員移転を検討。新明和工業も移転候補の人員・設備のリスト化を始めた。早期の航空機需要の回復は見込めず、三菱重工業のジェット旅客機「スペースジェット」の開発も遅れている。大手メーカーに部品を供給する中小企業への影響長期化も懸念される。

住友精密は受注減が見込まれる民間航空機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1466文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン