安保史映すミサイル防衛 迎撃頼みに限界
中ロが新兵器 「報復力の抑止」に回帰も

北朝鮮
米中衝突
習政権
2020/7/3 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界のミサイル防衛は転換期に入った。米国がロシアや中国との軍事優位を保つ要素としてきた迎撃ミサイルへの信頼が揺らぎ、攻撃されたら報復する冷戦期型の抑止の比重が再び高まってきた。迎撃が難しい新型ミサイルの開発が進んだことが主因である。戦後の安全保障史を映し出すミサイル防衛の変遷は日本の安保政策とも密接に絡む。

日本政府は6月24日の国家安全保障会議(NSC)で地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]