災害から地区守る 母犠牲の男性、避難マニュアル作成
西日本豪雨2年

西日本豪雨
2020/7/3 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年7月の西日本豪雨で51人が犠牲になった岡山県倉敷市真備町地区で、母を亡くした男性が住民を守ろうと災害時のマニュアルを仲間と作成した。SNS(交流サイト)上で住民同士のグループを作り、連絡や安否確認に役立てる。豪雨から2年。「二度と母のような犠牲者を出したくない」と地域の防災力向上に取り組んでいる。

「こんな大水害が起きると思わなかったが、また起きる可能性もある」

真備町有井小山地区の平…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]