自動翻訳「第3世代」登場、同時通訳並み実現へ

吉川 和輝
コラム(テクノロジー)
編集委員
2020/7/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンピューターで翻訳や通訳をこなす自動翻訳(機械翻訳)の性能が上がってきた。人工知能(AI)を巧みに使う第3世代の翻訳アルゴリズムが登場したうえ、翻訳手法をユーザーごとに設定する取り組みも進み、翻訳の精度が格段に向上した。5年後には同時通訳並みの性能も実現できると期待される。

自動翻訳は言葉の壁をなくすことで外国人労働者など海外の人材とコミュニケーションをとったり、国境を越えたプラットフォームビ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]