スカイマーク、国内線8割を再開へ 7月後半

2020/7/2 18:37
保存
共有
印刷
その他

スカイマークは2日、17~31日の運航を1908便にすると発表した。計画比の減便率は19.3%で現在の29.4%から10.1ポイント改善し、約8割が復便する。ビジネスや帰省などの需要に加え、海の日を含む7月下旬の4連休の利用増加に対応する。

本数が最も多い羽田空港発の減便率は17.3%、羽田と並ぶ拠点の神戸空港発も減便率が24.2%になる。福岡発と仙台発は運休・減便がゼロとなる。

一方、唯一の国際定期路線であるサイパン線を含めた成田発着便は引き続き全便運休する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]