コロナ後の日本政治 オン・ケンヨン元ASEAN事務局長(国際競争力の維持)

コラム(政治)
2020/7/3 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

■「国を開く人材の育成を」

新型コロナウイルスの収束後、世界で保護主義が強まるとの見方がある。グローバリズムの重要性は変わらない。情報があふれて国民の望みが高い時代に必要なものをすべて一国でまかなえる国があるだろうか。物価が跳ね上がり、新しい技術も入らなくなる。グローバリズムは調整が必要な長い過渡期にあり、いまは我慢の時だ。

シンガポールと日本はともにグローバリズムの恩恵のもと、自由貿易を通じてこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]