マラリア感染、1分で判定 シスメックスが診断装置

2020/7/2 18:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

血液検査機器大手のシスメックスは2日、自社開発したマラリア診断装置が日本国内の薬事承認を取得したと発表した。8月末から販売する。従来の簡易検査は判定に15~30分かかったが、1分程度に短縮できるという。マラリアの種類も判別でき、医師による早期の治療判断を手助けする。

血液検査で用いる自動計測装置をベースに「XN-31」を開発した。マラリア診断装置の薬事承認は国内で初めて。感染した赤血球を顕微鏡で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]