関西企業、2社が新規上場取り消し コロナ禍で

2020/7/2 18:06
保存
共有
印刷
その他

東京証券取引所は2日、新型コロナウイルスによる新規株式公開(IPO)の取り消しが関西企業でこれまで2社あったと発表した。取り消したのは給排水器具のSANEI(大阪市)と不動産業のヤマイチエステート(和歌山市)で、いずれも東証2部への4月上場の承認を東証から得ていた。全国でも3~4月にかけて18社が新型コロナによる株式市場の混乱といった影響で新規上場を取り消した。

2020年上半期でみると関西のIPOは7社と、19年通年に並んだ。7社とも2~3月に上場している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]