/

この記事は会員限定です

働き方考えるAIロボ 物流にサブスクを

炬星科技CEO 蒋超

[有料会員限定]

「おやじ、俺は日本で就職するから」。中国・深圳市のスタートアップ、炬星科技(シリウスロボティクス)最高経営責任者(CEO)の蒋超(36)は2006年初め、家出先から陝西省西安市の自宅にかけた電話が創業の出発点となった。中国流の人生設計を嫌った理系男子は今、人工知能(AI)ロボットによる物流変革に挑んでいる。

シリウスが手がけるのは「AMR」と呼ぶ自律移動型のロボットだ。ネット通販の拡大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2306文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

Game Changer

斬新な発想で地球規模の問題解決やビジネス創造に挑むリーダーらを取り上げます。1980年代以降に生まれたミレニアル世代、それに続くZ世代の旗手を国内外で取材。社会に変革を起こす挑戦者たちの世界観に迫ります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン