七十七銀、きらやか銀などと物流企業へ協調融資

2020/7/2 17:50
保存
共有
印刷
その他

七十七銀行は宮城県内の物流企業、ロジコム(仙台市)にきらやか銀行などと協調融資した。同社が新たに手掛ける物流センターの事業費として12億6000万円のシンジケート・ローンを組み、建設を後押しする。

ロジコムは6月から宮城県岩沼市内で物流センターを建設している。センターは保管や輸送などの全工程を一元管理できるようにし、主に食料品の物流拠点とする予定だ。延べ床面積は5963平方メートル。

七十七銀による協調融資を踏まえ、同行と日本政策投資銀行が共同出資する「みやぎ地域価値協創ファンド」はロジコムの優先株を引き受けた。ロジコムは負債ではなく自己資本を増やす形となり、貸借対照表(BS)を傷めず資金を調達し、財務基盤を強化できた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]