応用物理学会、新型コロナ研究 技術紹介

2020/7/2 17:36
保存
共有
印刷
その他

応用物理学会はウェブ上で「新型コロナウイルス禍に学ぶ応用物理」をテーマにした一般向けのコラムコーナーを開設した。新型コロナウイルスの特徴などに加えて、ウイルスの研究や診断にどのような技術が活躍しているかなどを紹介している。今後、新型コロナ以外のテーマについても、社会と関係した身近な応用物理学に関する記事を公開していく。

公開したコラムコーナーでは「人類と感染症」といった概論から、ウイルスなどを含むエアロゾルが飛び散る様子のシミュレーションや遺伝子解析技術などをイラストなどを交えて簡潔に紹介した。今後、PCR法やLAMP法といった検査法の原理やウイルスを観察する顕微鏡の仕組みなどを紹介する記事も順次公開して、コーナーを充実させる。新型コロナウイルス以外にもテーマを決めて、応用物理学が社会のどのような場面で利用されているかを紹介していく予定にしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]