/

メキシコ、殺人事件過去最悪ペース 要人襲撃相次ぐ

【メキシコシティ=宮本英威】メキシコの治安情勢の悪化は投資にとっての懸念材料だ。2020年の殺人事件の発生件数は、過去最悪だった19年を上回るペースで推移している。麻薬組織によるとみられる要人への襲撃も相次ぐ。日本企業が多く進出する地域でも事件は急増しており、警戒感が高まっている。

6月26日早朝、首都メキシコシティの高級住宅地で、同市治安庁のオマル・ガルシア長官が乗った車が襲撃された。同氏は助かったが、警備員ら計3人が亡くなった。

6月中旬には中西部コリマ州で連邦裁判所のウリエル・ビジェガス判事が妻と共に射殺された。いずれも麻薬組織ハリスコ・ヌエバ・ヘネラシオン(CJNG)の犯行とみられる。同国では組織間抗争や市民の巻き添えは少なくないが、要人襲撃が相次ぐのは異例だ。

同国政府によると、2019年の殺人事件の発生件数は2万9421件と過去最高を更新した。20年1~5月も1万2184件と、19年を上回るペースで推移している。

特にマツダホンダなど日本企業が進出する中部グアナフアト州の19年の殺人事件数は2775件と全国最多で、15年比で3倍以上に増えた。

在メキシコ米商工会議所の経済顧問のルイス・フォンセラダ氏はフォーブス誌の取材に「部品の盗難、従業員の安全問題はコスト面でも簡単には取り戻せない」と、投資への懸念を示している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン