大阪府、2日の新規感染者は8人 6人が感染経路不明

2020/7/2 17:33
保存
共有
印刷
その他

大阪府は2日、新型コロナウイルスの新規感染者を8人確認したと発表した。5人以上となるのは5日連続。府内の累計の感染者数は1851人となった。新たな死者はいなかった。休業などを再要請する「大阪モデル」の3基準の数値は上昇傾向にあり、府は感染防止対策の継続を呼びかけている。

8人の内訳は20代が6人、10代と40代が各1人。会社員や大学生、接客業、飲食業などの男女で、感染経路が不明なのは6人だった。入院中や入院調整中は29人で、このうち2人が重症になっている。宿泊施設や自宅で療養しているのは20人。

府は(1)感染経路不明者の前週増加比が1以上(2)感染経路不明者数5~10人以上(3)陽性率7%以上(いずれも7日間の平均値)――の3基準に全て該当した場合は、再び段階的に休業などを要請することにしている。2日時点では(1)5倍(2)3.57人(3)1.9%となり、(1)以外は下回った。

一方で(1)は5日連続で該当しており、(2)と(3)も5日連続で数値が上昇している。府は(1)以外で1つでも該当した場合は「注意喚起」の黄色信号をつけるとしており、担当者は「引き続き感染症対策を徹底してほしい」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]