/

日産11万台リコール セレナなど変速機に問題

日産自動車は2日、「セレナ」と、日産が製造しスズキが販売する「ランディ」の2車種、計11万1546台(2012年7月~13年12月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

国交省によると、問題があるのは、変速機の制御プログラム。急にギアを切り替えると、変速機にあるスチール製のベルトが破損し、最悪の場合、走行不能になる恐れがある。事故はないが、不具合の報告が48件あった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン