養殖魚の餌原料 生産3倍に ニチリウ永瀬 北九州に新工場

2020/7/2 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飼料・農業資材の専門商社、ニチリウ永瀬(福岡市)は、養殖魚の餌(飼料)の原料用魚粉を増産する。このほど北九州市内で8億円を投じて新工場を建設し、生産能力を従来の3倍近くに引き上げた。養殖魚の需要拡大で、九州・山口地域の飼料メーカーが相次ぎ増産していることに対応する。新工場では売上高で32億円を目指す。

北九州市内にあった旧工場を移転し、新工場を建設。敷地面積を従来比1.7倍の6600平方メートル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]