ネパールが相次ぎ「反インド政策」、領土に続き帰化法制強化へ

2020/7/2 16:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【カトマンズ=アルン・ブダトキ】親中国のネパール政府が、インドを刺激する政策を矢継ぎ早に打ち出している。インドも領有権を主張する地域を自国領と明記した地図を法制化したのに続き、今度は主にインド人が対象となる外国人の帰化に関する規制を近く強化する見通しだ。ネパール共産党率いるオリ首相の「反インド政策」は拍車がかかっており、ヒマラヤ山脈をめぐる中印の綱引きにも影響しそうだ。

帰化ルールを定める国籍法…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]