アルテサロンHD、美容室に「セルフドライ」導入

2020/7/2 16:31
保存
共有
印刷
その他

アルテサロンホールディングス(HD)傘下のC&Pは、美容室「チョキペタ」でセルフドライを導入した。原則として施術後、客自身に髪を乾かしてもらう。「チョキペタ」は髪が少し伸びた分だけ散髪したり染めたりする需要を見込んだ美容室チェーンで、効率化により待ち時間や施術時間の短縮につなげる。

セルフドライは施術後、店内に設けた「セルフブローブース」で客自身に髪を乾かしてもらう。チョキペタでは従来、くしを使い髪形を整える「ブロー」はセルフサービスにしていた。従業員の施術を希望する人には別料金でサービスする。

アルテサロンHDによると、カラーのみの場合、美容師が担当する時間は最短40分程度と、従来に比べ15~20分短縮できるという。新型コロナウイルスの影響で店舗の滞在時間を短くしたいという需要にも対応できるとみており、気軽に来店しやすくする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]