アフリカLNG開発、官民で1.5兆円融資 調達先多角化
【イブニングスクープ】

2020/7/2 18:00 (2020/7/3 5:21更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

官民がアフリカ・モザンビークの液化天然ガス(LNG)開発に1.5兆円を協調融資する。国際協力銀行(JBIC)や3メガバンクなどが融資し、日本貿易保険(NEXI)が貸し倒れリスクをカバーする。長期的な安定生産や調達先の多角化を進める好機とみて資金を投じる。

JBICは144億ドル(約1.5兆円)のうち30億ドル(約3200億円)を融資する。残りはアフリカ開発銀行のほか、民間から三菱UFJ銀行、みず…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]