/

この記事は会員限定です

雨漏りに悩まされた有名建築、全面覆う苦渋の大改修

[有料会員限定]
日経クロステック

竣工から2年後に最初の雨漏りが発生。補修を繰り返すも改善せず、調査では原因が特定できない──。苓北町民ホールの所有者である町は、雨漏りするガラス面と傷んだ板張りの外壁を鋼板で覆う大改修に着手した。

建築学会賞を受賞 住民参加が話題

繰り返される雨漏りに万策尽きて、特徴的な外観を大きく変える改修工事を3月から進めている「苓北町民ホール(志岐集会所)」。建築プロジェクト「くまもとアートポリス」事業の下で2002年3月に竣工した、熊本県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1538文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン