新型コロナでの解雇3万人超に 1カ月で1万人増加

2020/7/2 14:40
保存
共有
印刷
その他

雇用情勢は一段と厳しくなっている

雇用情勢は一段と厳しくなっている

新型コロナウイルスの感染拡大に関連した解雇や雇い止めの人数(見込みを含む)が1日時点で3万1710人になった。6月4日に2万人を超えて1カ月足らずで1万人増えた。雇用情勢は一段と厳しくなっている。

厚生労働省が2日、明らかにした。6月26日時点での業種別集計では宿泊業が5千人を超え最多。飲食業と製造業が続き、ともに4千人を上回った。同省は全国の労働局やハローワークを通じて2月から日々の最新状況を集計している。

総務省の労働力調査では5月の完全失業者(季節調整値)は197万人と前月から19万人増えた。このうち勤め先の都合などによる「非自発的な離職」は7万人の増加だ。潜在的な失業リスクを抱えた休業者は423万人で、今後、さらに失業者が増える可能性がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]