電気検針員が地図情報集め リビュー、関電系と連携

2020/7/2 13:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

デジタル地図情報サービスを手掛けるスタートアップのReview(リビュー、大阪市)は、関西電力傘下で電気のメーターの検針をする関電サービス(大阪市)と共同事業開発契約を結んだ。検針員らが地図情報の基となる調査をする。9月にも共同でサービスを始め、年間売上高5億円を目指す。

リビューは大阪市内と東京23区でデジタル地図「macci(マッチ)」を提供している。調査員が街を回り写真を撮影、空き地の活用…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]