トヨタやマツダのEV会社 6月で開発終了

2020/7/2 13:30
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車やマツダ、デンソーが2017年に設立した電気自動車(EV)の基盤技術を開発する「EVシー・エー・スピリット(EVCAS)」が6月末で開発を終了したことが分かった。トヨタが90%、マツダとデンソーが5%ずつ出資しており、18年までにスズキやスバル、いすゞ自動車など計9社のEV開発連合となっていた。「当初の目的を達成した」(トヨタ)ため、21年3月までに会社を清算する。

EVCASにはト…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]