米国務省、ロシア改憲に懸念 「公平な選挙を」

2020/7/2 12:58
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】米国務省のオルタガス報道官は1日、ロシアの2024年の大統領選で、プーチン大統領の5選出馬を可能とする憲法改正法案の成立が確実になったことに「懸念」を表明した。「米国は自由で公平な選挙を支持する」と強調し、強権的なプーチン氏の体制が長期化することをけん制した。

オルタガス氏は大統領選などをめぐる制度に関し「一般原則として米国は現職に有利になったり、任期を延長したりする憲法改…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]