息のあったアンサンブル 映画「一度も撃ってません」

アートレビュー
2020/7/3 15:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ハードボイルド」は、日本人があこがれるアメリカ娯楽文化のひとつで、ミュージカル等とならんで日本化のこころみが種々おこなわれ、根づいてきた。その一方、様式を笑うパロディー的な扱われかたも顕著で、受容のしかたは複雑。

テレビ「探偵物語」(1979年)や映画「処刑遊戯」(79年)以来、ハードボイルドと最も果敢に格闘してきた脚本家といえる丸山昇一のオリジナル脚本によるこの映画は、その複雑な受容のしか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]